2018年3月11日日曜日

本気だからこそ笑えて、かつ感動がある

以前、あるコラムで大企業の人事部が欲しいのは、日本テレビが放送している「世界の果てまでイッテQ!」に出演する人気者、イモトアヤコさんみたいな若者だ、とあるのを見た。

なぜグローバル企業の人事部は「イモトアヤコ」を欲しがるのか?

ググると他にも出てくるね。

さて、記事によると就活の時は「海外どこでも行きます」と言いながら、実際に入社していざ海外赴任となると「NG」を出す社員が増えているそうな。

僕もその話を直接聞いたことがある。

でも、これは、おそらく海外赴任に限ったことじゃないよね。

就活の時、内定を貰うために本心でないことを取り繕うことは珍しくないだろうし、その心情も理解できない訳じゃない。

入ってからやっぱり違いましたとか、そんなところに行かせる会社はブラックだとか、つい言ってしまうのは、まあ、本気の無さの表れなのでしょう。

でも、もし、イモトアヤコさんがそれをやったら今の彼女の活躍は無かった。

それは間違いない。

最近、人気急上昇のお笑い芸人、みやぞんさんもそうだと思う。

動機は有名になりたい、売れたい、から始まるのかもしれないけど、本気の人は、どんな過酷な状況、条件でも向き合っていくのでしょう。

そして、番組はお笑いだけど、出演者の本気さが伝わってくるから皆、感動しながら見ているのだと思う。

でも、他人の本気を見ても感動しない人も少なからず居る。

で、ね。これってひょっとして本気の人に感動する人は本気になれるし、感動しない人は自分が本気になれないのかもしれないね。


本気ー トーク ウィメン








0 件のコメント:

コメントを投稿