2018年3月4日日曜日

僕を見て! から生まれる勘違い

僕が犬と散歩をするとき、犬は盛んに僕を見てくる。

アイコンタクトが出来ている、と言えばいい感じに聞こえるけど、そうとも言えないらしい。

というのは、以前、上手く散歩が出来なかった時、ある犬関係の専門家が「目を合わせずに散歩すべし」と教えてくれたからだ。

その人曰く、犬は、こちらの様子を見て駆け引きをしているらしい。

犬の社会は、リーダーを頂点とした階級社会なので、本能的に自分が上かどうかを推し量っているのだそうで、彼の目を見て彼に合わせることは、彼に自分がリーダーだと思い込ませてしまう。

で、ね。その話を聞いてから、必要以上に目を合わせず、リーダーとして散歩しているのだけど、おかげで大分、上手く散歩できるようになったね。

犬に勘違いをさせてしまうのはリーダーである人の責任だ。

リーダーは、リーダーであることを態度で示すためにあえて相手に合わせないことが大切なのだろう。


僕を見て!

0 件のコメント:

コメントを投稿