2018年3月9日金曜日

僕たちの人生をまとめて語るな

AIやらICTやらIoTやら、データやネットワークを使ったビジネスが元気だよね。

データ分析もその一つだけど、そもそも、データ分析って何だろう。

僕はそれは縮約の技術だと理解している。

つまり、大量のデータから固有性を取り除き、法則性を見出す技術だ。

でも、大事なことが縮約されてしまう場合もある。

例えば、その人の人生を振り返る「ライフストーリー・インタビュー」のデータを複数まとめてデータ分析を掛けると、なんだか当たり前のことしか見えてこない。

小学校の時は先生と友達とかね。

でも、それぞれのライフストーリーには、大きな意味を持つ固有性があって、それこそが大切な出来事なのだ。

発達心理学では、データ分析同様に、多くの人に共通する発達課題と成長が語られるけど、一方では、瑞々しい個人の実存がかき消されてしまう。

僕たちの人生は「当たり前」の連続じゃないのにね。


固有性


0 件のコメント:

コメントを投稿