2018年4月21日土曜日

カメラを通して会社を語る? その1

僕が犬の写真を取るようになって家にカメラが増えた。

それも、小型のデジカメとかミラーレスと呼ばれるカメラだ。

昨年亡くなった先代犬は年齢的にもマイペースだったので、しっかりとしたカメラで写真が撮れたのだけど、小さくて若くて元気いっぱいの子犬を戯れながらちゃんとしたカメラで撮るのはほぼ無理なのだ。

犬によっても違うのだろうけど、僕の犬は、カメラを見ると喜んで飛びついてくる。

カメラと言うよりカメラストラップに目がない。

と言うことで、前置きが長いけど、いろんなカメラを試しているのでそのカメラから製造したメーカーを考えて見た。

ソニー(RX100Ⅴ、α99Ⅱ、α6000)
もともと、ミノルタのカメラを使っていた流れでソニーを使うようになったのだけど、「新しいことに意欲的だけどちょっと足りなくて誠実さに欠ける」と言うのがカメラを触っている実感だ。

カタログは素晴らしいけど、実際にはそこまで凄くはなく、また、売り切りでちょっと使いづらいところがあってもアップデートせず、もっと良い新しいのを買いなさいとくる。

でも、撮れる写真と周辺(スマホアプリなど)の性能は実は一番で、本気になるとすごいメーカーだよね。

富士フイルム(X-T20)
フィルムメーカーが作っているデジカメだけあって、本当にちゃんと撮った写真は素晴らしい。しかも、一度購入した製品を長く使えるようアップデートを欠かさず、「骨太でとても誠実だけどいい加減さには弱い」と感じるね。

いや、ほんとちゃんと撮れた写真は素晴らしいのだけど、犬を相手にしながらいい加減に撮ると全然写ってくれない。

犬でなくてもちゃんと撮らなとブレてしまう。

周辺も素晴らしいけど、ちょっと使い方は個性的かな。WEBサービスの自動レイアウト機能はすごいよ。

オリンパス(TG-850、TG-5)
ソニーのカメラと同じか、それ以上に活躍しているのがTG-850だ。濡れても落としても大丈夫といったフィールドカメラだけあって、外で走りながら撮ったり、雨の日に使うのに最適で、予備が欲しいくらい使っている。(TG-5は予備だ)

しかし、室内での撮影やテーブルフォトなどは綺麗に撮れず、あまり使えない。

「特定のシーンにはめっちゃフィットするけど、それ以外ではほぼ使いたくない」と感じる。

周辺は、TG-850は無線LANつきのメモリーカードなのでTG-5でたまにしか使っていない。

変え難い存在なので、変えたいとは思わないけど、割り切って使うことがポイントだね。

と長くなったので今日はこれまで。


まず3つ


0 件のコメント:

コメントを投稿