2018年4月5日木曜日

「会社の考え方」と言う思考の固定化

いろんな会社の方と話をする中で、何となくその会社の考え方がわかることがある。

「人」の考え方と言うより「会社」の考え方だ。

特にそれがよくわかるのが、経営陣と管理職の話を聴いた時だね。

例えば、ある会社において管理職の肩と新たな事業構想を議論していた際、何を未来の目的とするかよりも、今何が出来るのかに焦点を合わせていることが伝わってきた。

現実的、といえば現実的なのだけど、僕には小さなブレークスルーに思えてあまり議論も盛り上がらなかった。

そして、その会社の経営陣と別の機会に話をした際も全く同様な印象を受けた。

ある事例を引き合いにされていたけど、今無いものを生み出して行く、予測不能なことへの興味関心をあまり持っていないようだった。

これは、おそらくその会社の中で日常的議論されていることであり、それにより思考のフレームが形作られているのでしょう。

新たな事業構想が創造的な取り組みだとしたら、固定化された思考のフレーム、さらには新奇性の観察的態度は本質を違えている。

創造性は、創造的能力(閃いて思いついちゃう能力)と創造的態度(新しいことは良いことだという基本的な肯定的姿勢)から生まれるものだからね。

創造性の無い新たな事業構想って何だろう。

ふと僕の頭をそんな考えが過ぎった。


フレームか創造性か


0 件のコメント:

コメントを投稿