2018年4月17日火曜日

犬と散歩のPM理論

犬と散歩をしながら、リーダーシップとかマネジメントとかを考えることがある。

どんな時かと言うと、犬が歩くのを嫌がったり、逆に何かに飛びつこうとするのを抑える時、要するに僕の意図と犬の意図が一致しない場合、僕はぼんやりとリーダーとしての僕であったり、一緒に目的地を目指すマネジメントを考えたりする。

犬が歩くのを嫌がるのには、どうやらいくつか理由がありそうだ。

列挙すると、
・何かの音がした
・目に入ったものが怖い
・落ちているものを口にしたい
・地面の匂いが気になる
・違う方に行きたい
・歩きたくない
・うんちがしたい

要するに気が散っている、気が乗らない時、歩くのを嫌がるのだ。

そんな時に僕が取るのは、
・とにかく歩く事で集中させる
・おやつや水をあげて気持ちを切り替えさせる
・歩くのをやめる
のいづれかで、要は、多少強引でも引っ張る、なだめる、付き合う、だ。

で、ね。集中させて気持ちを作るのがリーダーシップ、引いたり押したりしながら目的地に辿り着くのがマネジメントなのではないかな、などと考えながら歩くのだね。


スカイツリーがきになる?


0 件のコメント:

コメントを投稿