2018年5月1日火曜日

散歩とは何か

僕はこの二日ほどすごく歩いている。

どのくらい歩いているのかと言えば、おそらく、普通の1週間分くらいを1日で歩いている感じだ。

スマホに残った記録では外出のない仕事の日で大概4千歩くらいだけど、昨日今日は3万歩くらい歩いている。

足はすり減らないかもしれないけど、靴底は間違いなく薄くなったことだろう。

さて、犬との散歩、家人との散歩と、特に遠出をするわけでもなく、散歩三昧な生活を送っていると様々な新しいことと出会う。

新しい場所、新しい店、新しい展示、新しい味、そして新しい人々。

散歩は、健康よりも出会いの意味合いの方が大きいのだ。

でも、ただ歩いているだけでは出会いは少ない。

すれ違い流れ去る景色があるだけだ。

で、ね。散歩に大切なのは思索することだよね。

何かを見つけてハッとしたり、全然関係ないことを妄想したり、頭に何か浮かんだことをまとめてみたりする。

僕の場合は、散歩の途上で何かを見たのインスピレーションが好きだ。

そして、その瞬間を写すために必ずカメラを持参している。


そんなことをしていると1日で1週間分歩いても全然気にならない。

僕にとって散歩とは贅沢な時間なのだろう。


木漏れ日のステージ







0 件のコメント:

コメントを投稿