2018年5月24日木曜日

夢と現実の狭間で「踏み出す」ということ

大ヒットしたアニメ映画「君の名は。」のように、僕たちは夢と現実の狭間を行ったり来たりしている。

例えば、「現実」と「理想」もそうだよね。

「現実」に足りなりことだから「理想」なのだけど、今現在は現実になし得ないことでもある。

しかし、僕たちは「現実」と「理想」の区別をあまり上手に出来ない。

「理想」が当然のように思ってしまって、だから「現実」がダメであると決めつけている。


でもね。「理想」に向けた一歩を踏み出すことは出来る。

それはきっと新しい現実を呼び起こすことなのだ。



あなたの中の最良のものを、この世界に与えなさい。
たとえそれが十分でなくても、気にすることなく、最良のものをこの世に与え続けなさい。

最後に振り返ると、あなたにもわかるはず。
結局は、全てあなたと内なる神との間のことなのです。


あなたと他の人の間のことであったことは一度もなかったのです。(マザー・テレサ)


どこから理想?





0 件のコメント:

コメントを投稿