2018年5月30日水曜日

組織と社会の間にある軋轢から大きな目的を学べる人、学べない人

日大アメフト部の前監督、場数も能力もあって社会的地位を築いたのだろうけど、世代を継ぐ自律ができなかったのは何故なのだろう。

今回の反則をさせた件で、その悪い影響を受けてしまったのは、反則を犯した選手と怪我をした相手選手だけでなく、それ以外の選手、コーチなど監督の年齢からしたら次世代、次々世代の人材だった。

僕から見ると、組織における自律では長けていたけど、社会や次世代に対する自律には大きな欠損があったとしか言いようがない。

前監督はある段階で成長が止まってしまった、その結果と言えるかもしれないね。


組織のために良かれとガムシャラに活動して、社会的規範に反してしまうことって決して珍しいことじゃない。

何故ならば、組織と社会の間にある軋轢は、組織が目的的存在であるが故に避けて通りことができないものだからね。

人はその軋轢やストレスの中から社会性を学び、よき市民、国民として利他性を獲得していく。

でも、勝利至上主義、売上至上主義といった狭い目的は、一見、わかりやすく、強いメッセージになるのだけど、それを最優先にしてしまうとより大きな目的が見えなくなって社会的規範に反する学習と教化ばかりが進んでしまうのでしょう。


よき組織人であると共によき社会人であること。

僕はそのためには組織の構成員は組織の理解者、貢献者であっても組織と共犯者になってはいけないのだと思うのだ。


組織と社会への貢献者?





0 件のコメント:

コメントを投稿