2018年6月21日木曜日

マインドセットを形成するための基礎は何?

デザインではなくドリフト、そしてキャリアミスト状態の漂い型キャリア状態にあるビジネスパーソンは、自発的離職意向が強く、組織に対するコミットメントは功利的なのだそうだ。

この組織で働くことにやりがいを持つよりも、自分のスキルが活かせる、職場環境や研修が整っていることが気になる人は、おそらくこんな漂い型なのだろうね。

じゃあ、なんでそうなるのかと言うと、僕はマインドセットの不足が問題じゃないかと思う。

その場での自信や安心が無いことで、置かれた環境にも馴染めず、自分探しと場所探しをする、だからちょっとしたきっかけで離職する。

そもそも組織に対する思いが薄いので、不安感や他責のネガティブなメンタリティを周囲に伝播させるのも特徴だ。

さて、ちゃんとしたマインドセットを持つ為には、自信と安心が必要だけどそれらを培うのはしっかりとした基礎の確立と手応えだよね。

いきなり実戦で成果や結果を出そうとすれば、失敗し、自信を無くし不安になること間違いない。

ここで本題なのだけど、基礎って場によって異なるものだ。

だからマインドセットを形成させるにはその場における基礎が何なのかわかっていなくてはならない。

でもナレッジワークの場において多くの場合、場における基礎は共通言語化されておらず無手勝流だと思うよ。


飲み屋でのマインドセットは酒かも




0 件のコメント:

コメントを投稿