2018年6月29日金曜日

W杯を「ゲーム理論」的に考えてみる

サッカーワールドカップで日本代表が見せた一次予選最終の試合運びがとても興味深かった。

そこで、日本が決勝トーナメントに進出するためにもう一つの試合結果を踏まえてどういう選択を取るのか「ゲーム理論」的に考えてみよう。

サッカーの試合では対戦チームの間に協力関係はない。

だから非協力ゲームだ。

そして、日本とポーランドはお互いに後半の残り時間を攻めあわないという戦略を取った。

均衡状態になったのだ。

なぜ、戦い合う同士にこのような協力関係が出来たのだろうか。

戦略の大きな要因になったのが、暑さによる疲労ではないかと思う。

暑さの中で運動量を増やすことによる負けリスクが均衡を生み出した。

これ以上無理をせず現状のまま試合を終えることで相互の利得が最大化されるため、お互いに攻め合わない戦略が選ばれたのかもしれないね。


キープ



0 件のコメント:

コメントを投稿