2018年7月6日金曜日

「弱み」を見せない世代、見せたい世代

毎月第一金曜日の夜は自画持参「がちゃトーク」だ。

僕は仕事を終え、少し遅れて参加した。

さて、今日のテーマは「弱み」になった。

がちゃで当たった2名の「弱み」に関するスピーチを聴きながら、ふと思ったのは、「弱み」の位置付けだ。

以前は履歴書に「強みと弱み」という欄があったけど、最近はどうも無いらしいし、面接でも「弱み」について聴くことはあまり薦められていないのだそうだ。

一方、最近の若い世代は自らの「弱み」を積極的に開示する。

僕たちの世代では、やはり「弱み」は見せないものだ。

要するに、かつて「弱み」は本人から見せないものであり他者は見たいもの、今「弱み」は本人から見せるもので他者な見ないもの、ということだね。

なんだか不思議な話である。

いみじくも今日は、社内の研修で「つくし世代」と「バブル世代」の価値観の違いなどを学んでいたのだけど、どうやら僕たちが育つ環境は、僕たちの意味も変えてしまうらしい。


がちゃ、がちゃ

0 件のコメント:

コメントを投稿